慰謝料を考える

案内係をしている

基準はあるがそれが全てではない

交通事故に関する慰謝料請求の基準は、それまでにあった過去の交通事故の事例を参考にして判断されることが非常に多いです。 もちろん、自賠責保険のように一律に基準が決まっているものもありますが民間の保険会社に対する請求額には限界がないのです。 弁護士に相談をすれば、交通事故に関する基準を説明してもらうことができますが実はこれは絶対ではありません。 法律的に、慰謝料請求の金額に限界を求めた規定は存在しません。 弁護士が提示しているのは、あくまでも確実に請求することが可能な金額であるため、その点は誤解をしないことです。 被害者が納得をしなければ、被害者は慰謝料請求の法的規定によっていくらでもお金を請求しても良いのです。

限界がある請求も存在する

交通事故に関しては、慰謝料と異なって限界が存在する請求もあります。 それは、損害賠償請求です。 実は、法律的に慰謝料請求と損害賠償請求はまったく性質が異なります。 慰謝料請求は、交通事故の被害によって生じた精神的、または肉体的な損失に対して請求できる権利です。 そのため、事故によって生じた請求額には個人差があるため一律に基準を設けることができません。 しかし、損害賠償というのは実際に生じた物的損害に対して認められる請求なのです。 自動車が壊れたときにはその自動車を元の形に戻すことだけを請求できるため、それ以上のことは請求できません。 弁護士に相談する時には、基本的にこの二つの権利を主張できます。 同時に利用することができるものであるため、弁護士に依頼をするときにはきちんとその旨を伝えなくてはいけないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加